1. Home
  2. LA GUIDES
  3. アメリカ学生ビザ・移民法情報
  4. アメリカ学生ビザの取得
ロサンゼルス地域情報
  • ロサンゼルス概要
  • ロサンゼルス気候
  • ロサンゼルスと日本の時差
  • ロサンゼルスの主要なエリア
  • ロサンゼルス生活情報
  • 服装
  • お金
  • チップ
  • 電圧
  • 電話
  • お酒、タバコ
  • 住まい
  • 交通
  • 医療保険
  • 免許証・ID
  • Social Security Number
  • 銀行口座
  • 個人売買
  • 単位の違い
  • 祝祭日
  • スーパーマーケット
  • ロサンゼルスでの滞在方法
  • 役立つ情報
  • 役立つウェブサイト一覧
  • アメリカで賢い自動車保険の加入方法について
  • アメリカで留学生が銀行口座を開設できる??
  • ロサンゼルスで車を購入する
  • 格安で日本とアメリカ間の通話ができるRingo!
  • アメリカの陪審員制度
  • アメリカ学生ビザ・移民法情報
  • パスポートの取得
  • 短期の留学でもアメリカ学生ビザは必要?
  • フォームI-94の電子化
  • アメリカ滞在中のCOS(Change of Status)学生ビザステータスの変更について (Case1)
  • ESTAについて
  • アメリカ学生ビザの取得
  • アメリカ学生ビザの種類
  • アメリカ学生ビザ申請までの流れ
  • I-20とは?
  • 認定機関(ACCET,CEA)について
  • ロサンゼルスを楽しむ
  • テーマパーク
  • ビーチ
  • ショッピング
  • ロサンゼルスのナイトライフ
  • アメリカ学生ビザの取得


    アメリカでフルタイム(週18時間以上、もしくは12単位)で勉強する留学生はアメリカ学生ビザ(F-1ビザ)を申請する必要があります。(専門的な学校の場合はM-1ビザが必要ですが、取得方法はF-1とほとんど同じです。)2001年テロ事件以降、年々学生ビザの取得が困難になってきていますが日本人留学生の場合は多くの方が取得できています。

    アメリカ学生ビザの取得が不利に働く代表的な理由:
    ・高校を卒業もしくはそれと同等の資格(大学入試資格検定)がない場合
    ・扶養者を伴う場合
    ・過去に犯罪歴がある場合
    ・過去にアメリカの入国審査に引っかかった事がある場合
    ・過去にアメリカの他のビザ審査で拒否された場合
    ・アメリカでの就労、結婚が疑われる状況

    上記のケースに自分は当てはまらないと思っても、そう思わせてしまう様な事が無い様にきをつけましょう。また上記の場合に当てはまっている方でも、取得は困難ですが不可能ではありません。一度、専門家にご相談ください。
    無料相談する

    また通常の場合でも面接の時の様子によって審査の結果が左右される事もあります。LIAZOから申し込むとビザ申請の正しい準備を無料でフォローアップします。(注:ビザ取得を保障するものではありません。また、書類の代行作成は別途料金になります。)