1. Home
  2. LA GUIDES
  3. ロサンゼルス生活情報
  4. チップ
ロサンゼルス地域情報
  • ロサンゼルス概要
  • ロサンゼルス気候
  • ロサンゼルスと日本の時差
  • ロサンゼルスの主要なエリア
  • ロサンゼルス生活情報
  • 服装
  • お金
  • チップ
  • 電圧
  • 電話
  • お酒、タバコ
  • 住まい
  • 交通
  • 医療保険
  • 免許証・ID
  • Social Security Number
  • 銀行口座
  • 個人売買
  • 単位の違い
  • 祝祭日
  • スーパーマーケット
  • ロサンゼルスでの滞在方法
  • 役立つ情報
  • 役立つウェブサイト一覧
  • アメリカで賢い自動車保険の加入方法について
  • アメリカで留学生が銀行口座を開設できる??
  • ロサンゼルスで車を購入する
  • 格安で日本とアメリカ間の通話ができるRingo!
  • アメリカの陪審員制度
  • アメリカ学生ビザ・移民法情報
  • パスポートの取得
  • 短期の留学でもアメリカ学生ビザは必要?
  • フォームI-94の電子化
  • アメリカ滞在中のCOS(Change of Status)学生ビザステータスの変更について (Case1)
  • ESTAについて
  • アメリカ学生ビザの取得
  • アメリカ学生ビザの種類
  • アメリカ学生ビザ申請までの流れ
  • I-20とは?
  • 認定機関(ACCET,CEA)について
  • ロサンゼルスを楽しむ
  • テーマパーク
  • ビーチ
  • ショッピング
  • ロサンゼルスのナイトライフ
  • チップ


    日本で生活していると馴染みのない習慣ですが
    アメリカではサービスに対してチップを払うのが基本となっています。
    ロサンゼルスも例外ではありません。
    留学生は始めはなかなか慣れない人も多いです。
    以下におよその相場を載せておきます。
    なかには“こんなに払わないよ!”という人もいますが
    ルールとかはないのであくまでLIAZOメンバーの体験談や
    アメリカ人の友人の話をもとにした主観が入っていることをご了承ください。

    日本系のお店や、その他のアジア系では以下の相場より安いことが多いと思います。



    レストラン

    チップを払うのかどうかわからない場合があると思います。基本的にはテーブルで注文するウェイターやウェイトレスがいるレストランは払います。マクドナルド等の様にカウンターで注文して前払いして自分で後片付けする場所はチップは必要ありません。カウンターで注文するが後片付けをしてくれる人がいたり、ビュッフェ等でセルフサービスが基本だがウェイターや後片付けする人がいる場合には基本的にはチップを置くのがマナーとされています。

    レストラン等でTip又はGratitudeの項目ですでにチップが含まれている場合もあるのでその場合には払う必要はありませんが満足したサービスの場合は更に払う人もいます。普通のレストランでは10%から20%の間で大体で15%目安が相場ですが、高級店ではチップが20%以上というのが相場です。

    またクレジットカードで支払いの場合にはサインする時にTipの項目がありカードで含めて支払う事も可能です。


    タクシー

    タクシーのチップも10%から20%の間で大体で15%目安が相場と思われます。最近のタクシーではクレジットカード払いだとタッチパネルで清算後にチップの%が4つぐらい提案されます。多くの場合には15%〜30%の間で、クレジットカードだと15%以上払う様な提案が出てきます。


    ホテル

    ホテルでかばんを持ってもらったりするポーターはかばんひとつにつき$1が目安となっている様です。タクシーを呼んでくれる人には$1、2ぐらい。ベッドメイキングもベッドひとつにつき$1、2で部屋が広かったりスイートルームだったりだと倍ぐらい払う様です。


    ヘアサロン、ネイルサロン

    美容系のサロン等もレストランのチップと同じ様な相場の様です。10%から20%の間で大体で15%目安が相場ですが、高級店ではチップが20%以上というのが相場です。特にいつも同じ美容師等にやってもらう場合には、満足しているからいつもお願いしているのでチップは20%以上は出すという人も多い様です。